社会保険や生命保険の相談も

この記事をシェアする

企業にまつわる保険の相談

企業経営を行う中で、例えば従業員の健康保険、年金や労災保険の加入や手続き申請なども考慮する必要が生じるでしょう。その中で経営も考えなくてはなりません。本来企業の社会保険に関する諸手続きは、社会保険労務士の所管となります。ただ、税理士から社会保険労務士など、色んな人にそれぞれ相談したとなると、あちこちバラバラで、統一感がないという問題が生じるケースもあります。
多くの人に相談すると多角的な意見を得られる反面、意思が統一されず、どの意見を優先すべきか迷ってしまうという問題です。
こうしたケースに対応する税理士もいます。税理士によってその範囲は異なるところでもありますが、社会保険を含めて相談できる税理士の場合は、意思が統一されているため手続きがスムーズに行いやすいのです。

相談できるかは事前確認が必須

税理士といっても、それぞれ専門分野がある場合もあります。全てに精通した税理士もいる一方、1つのことに優れた税理士もいます。どの分野に精通しているのか、それは税理士に相談するまえに確認しておく必要があります。
長く税理士業務を行ってきたという方の場合には、独占業務に精通しているものの、幅広い業務までは所管としていないという場合も多いですが、最近では税務に関する様々な手続きを把握しているという税理士も増えてきているのが現状です。
例えば本来は税務に関する業務が中心のところ、租税債務の確定に必要な事務に関する範囲の業務として、本来社会保険労務士が行うべき業務を代行する税理士もいます。
どの業務が行えるか、どんな相談に応じているのか、事前に確認しておくと良いでしょう。